本文へジャンプ
アーユルヴェーダとは 


アーユルヴェーダ Ayurveda 

お白湯を飲む、ショウガを食べる、早寝早起き、適度な運動etc・・・
これがアーユルヴェーダ!!


Ayurvedaアーユルヴェーダはインドで発祥した医療で、
東洋医学の基本とも言われています。
病気の治療や予防に対する様々な知識が含まれ、
インドでは沢山の患者さんがアーユルヴェーダの治療を受けています。
実はアーユルヴェーダは仏教伝来とともに日本に入ってきており、
古来から続く地域医療の中にはアーユルヴェーダに基づく知識が多く
見られます。
現在日本ではアーユルヴェーダをエステのような位置づけにしている
サロンが多く見受けられますが、それはアーユルヴェーダの一角でしか
ありません。

インドでも昨今多くなってきたアトピーや喘息・肝炎などの慢性疾患、
脳梗塞後の片麻痺、癌や多動症などの難治症状に対しても、
現在のアーユルヴェーダ治療で効をなすケースも少なくありません。
実際、内科・外科など細かく分かれているその医学体系は
現代西洋医学の元となったという専門家も多くいます。
産婦人科・小児科学については現在日本において問題になっている
小児科疾患や婦人科問題の解決の道をしめしてくれるような内容も多く、
また老人科学においてはアーユルヴェーダ発祥時から存在する
ラサーヤナと言われる長寿学が、現在でも多くのインドの方々の
生命力のサポートとなっています。

当院の治療はアーユヴェーダの3本柱、薬・食事・生活習慣に重点を
おき、患者さんのお体の状態に合わせたハーブやスパイスなどの指導、
ハーブを煎じたオイルによるトリートメント、食事・生活方法の指導を、
鍼灸と併用しておこないます。

(注)アーユルヴェーダというとオイルマッサージとか、頭にオイルをたらす
シロダーラと思う方が多いと思いますが、実際はオイルを使う事が
できない(オイルを使うと悪化する可能性がある)患者さんも
多くいらっしゃいます。
当院は様々な角度からお身体の状態を診て、治療方針を立てさせて
頂きます。